求人に応募して憧れの仕事に就ける

パソコンでできる仕事

DTPの求人は印刷会社によってさまざま

一口にDTPの求人と言っても、その仕事内容は印刷会社によってさまざまです。 主なものでは、デザイナーからの入稿データをDTPソフトを使って修正、加工し、印刷データを作成する「オペレータ―」業務の求人が多く見られます。 印刷会社によっては、DTP部門のスタッフがデザインから製版までを担当している会社もあります。そのような会社のDTPの求人では、「オペレーター」としてだけではなく、「デザイナー」としての資質も問われます。また、DTP部門のスタッフが営業も兼務し、クライアントとやりとりしている印刷会社もあります。 このように、DTPの業務は会社によってさまざまです。求人応募者が事前に確認するのはもちろんですが、選考の段階で、採用担当者も自社のDTPの業務内容をしっかり説明することで、入社後のすれ違いを防ぐことができます。

ものづくりに携われるDTPオペレーターの求人

DTPオペレーターは様々な企業から求人が出ています。ほとんどの求人でイラストレーターやフォトショップの経験が必要なようですが、基本操作で大丈夫な場合や、DTPの経験が一年以上必要な場合があるようです。給料は正社員だと、20万〜25万程度で安定した収入を得られます。 求人によると、DTPが活躍できる業界は広告、印刷、出版業界が主です。制作物は書籍、カタログ・パンフレット、パッケージデザインなど求人企業によってさまざまです。 残業が少ない、未経験OKなどの求人もあるので自分に合った条件の会社を探しましょう。業務もDTPオペレーターからデザイナーまで様々なので、やりたいこと、できることを見極めて選びましょう。